姿勢矯正

骨盤・猫背矯正

当院の姿勢矯正は、まず角度を測るところから始まります。

触診や、見た目ではわかりにくい姿勢の歪みですが、写真を撮りゴールデンラインから

今身体がどんな風になってるから痛みやコリが出ているのかを分析します。

トムソンベッド

歪みとは、筋肉バランスのずれが原因となり、引き起こされるものです。

肩こりでマッサージなどに行くと、首が硬い、肩が硬いなどと言われる方も

いらっしやるかと思います。

これは何も肩や首に限らず、骨盤周りやお尻の筋肉も当てはまる事なのです。


筋肉は骨と骨の間にくっいているものなので、片方の筋肉が衰えや凝りからずっと硬く

なった場合、自然のバランスに戻る事ができず、強制的な形で元の姿勢を維持しようと

し始めます。

そうなったときに骨盤や背骨は歪みます。

トムソンベッドはアンバランスになった筋力を緩め、姿勢の歪みを改善させるために

使う専用の矯正ベッドです。

受ける側はうつぶせ、あたは仰向けに寝ているだけでよく、主に自身の体重を使って

矯正を行っていくため身体への負担が非常に軽く済みます。

回数も少ない回数で十分身体が緩むため、無理のない形で骨盤や背骨の矯正を行う

事が可能です。

手技矯正

主に猫背で悩んでいる方のほとんどが、両肩が前に出ている姿勢になっています。

猫背というと背中が丸まっているというイメージが強いかもしれませんが、なぜ

背中が丸まるかというとそれだけ両肩が前に出てきているためです。

両肩がどれだけ前にでているかは、気を付けの姿勢をした時正面に手の甲が見えているかです。


本来、筋肉にとって最もストレスの少ない姿勢であれば、気を付けをした時に手の甲が

見える事はありません。

とにもかくにも猫背は寝れない

見た目的にも何となくだらしなく見える。印象が強い猫背ですが、宝塚などでは

男役の方は意図的に猫背気味の姿勢で役作りを行うそうです。


また、子供のころ背が高い事がコンプレックスで身体を丸めていた結果、癖で猫背に

なってしまったという方もいます。


何より日本人の約7割は猫背だそうです。

そんな猫背ですが、健康面から考えると、重大な問題を一つ抱えています。

それが夜眠ることができない。です。


画像のように猫背で背中が丸まっているという事は、ベッドと肩の間に空間が空きます。

本来、身体を十分に休めるためには、全体的にベッドに対して均等に身体が接地していないと休めるものも休まりません。

また仰向けで寝れないなど身体の圧を均等に分散させることもできなくなり、

寝ても寝ても疲れが取れない状況になってしまいます。

猫背矯正ではストレッチポールを使い、首肩周りの筋肉を中心に閉じた身体を開いて

いきます。